未来をつくるサンパートナー

サンパートナー社では、Innovation is our passion をモットーに、
現在新たにユーザー体験を向上させるLiFiなどの各種研究開発プロジェクトに取り組んでいます。

LiFi(ライファイ)や可視光通信(VLC)は、可視光でデータを送信する革新的な通信技術です。

仕組みについて

LEDが出す可視光をドライバーが電子信号に変換してから光検出器に送信します。その後パソコンや接続された機器へ音声・テキスト・動画ファイルにデコードした状態で再送信します。

LiFiの主なメリット:

> 安全なデータ転送
> 電磁波の周波数帯による干渉なく、通信免許が不要。: たとえば2.4 GHz と5 GHzの周波数帯は、公共の場所で干渉する場合が多いのに対してLiFiは、自由に利用できる周波数帯を使用します。
> エコロジーでエコノミー: LiFi は既存の照明ネットワーク上で通信可能。
> 光ファイバーケーブルに匹敵する驚異的なデータ転送速度
> 身体にやさしい: LiFiは電磁波を使用しません。

用途:

> 位置情報サービス(LBS):駐車場・ショッピングセンター・美術館・空港・駅・都市などで案内サービスを提供。
> 電磁波の利用が制限されている場所:病院・学校・工場や機内などでで安全なインターネット接続を提供。
> Shopping 2.0: i-beacon(近距離無線通信技術)とWiFiに加え LiFiは、セール情報など、お客様の目の前にある製品の最新情報をお知らせします。
> スマートシティ:公共の照明システムを通じて自治体は、住民と直接交流する事が可能になり、住民に必要な情報を必要な場所にピンポイントで提供できます。

https://www.youtube.com/watch?v=srB_VN4sb50

Wysips® LiFiのメリット

当社のWysips® 技術は、太陽電池(光起電力素子)なので光検出器やLiFi 受信器の利用も可能です。

光ダイオードの代わりにWysips® 製品をLiFi 受信器 として使用すると様々なメリットがあります:

> Wysips® は、薄く、透明なので、どんな製品にも組みこめます。
> Wysips®は、広く光を取り入れるので、データを受信するために照明の真下に置く必要はありません。
> Wysips®は、強い日差しの下でもデータを受信します。
> Wysips® LiFiは、基本的に自動で起動し、可視光線を利用して装置の充電とデータ受信 を同時に行います。

検証により当社のWysips® 製品は数メガバイト/秒のデータを受信できることが、実験で判明しました。つまり、可視光線を通じて動画が転送できるのです!

> Wysips® と LiFiに関する詳細については、当社のホワイトペーパーをご覧ください。