交通機関

ソーラーエネルギーは世界のどこにもあり、陸・海・空のどこを旅するのにも最高の電源を提供します。
サンパートナーは輸送機関にマッチしたデザインの魅力的なガラスソリューションを提供し、電力効率を高め、バッテリーを使用せずとも機能が使用出来る様にします。

美しい美観のガラスが交通期間に電力を供給

環境への影響を小さく

2030年に予定されている大気汚染と温室効果ガス削減の規制は交通期間のクリーンなエネルギー使用を推進しています。
二酸化炭素ガスの排出規制は車輌あたり最大95 kg/kmの削減を目的としています。
車のメーカーは車にサンルーフを付ける事で環境に配慮する事ができます。

機能に対する給電

• 航空機の調光ガラスとして使用し、ブラインドを削除
• デックのハッチに照明を組み込み
• 快適な機能:プリ・クーリング(車をスタートする前に空調に給電)など

当社事例:エネルギア、飛行機用自己発電型調光ガラス

この窓は当社のパートナー、Vision Systems社が開発しました。

Vision-GlassがSPDフィルムに給電し、このSPDフィルムが瞬時に光やグレア、熱などが飛行機の中に入らない様調光します。このシステムは飛行機の電気系統に組み込まれておらず、スタンドアロンのソリューションとなっています。

[ デモはこちら ]

交通機関様のWysips®テクノロジー

Design-Glass並びにVision-Glassは、幅広いデザインや透明度を提供し
自然な色合いの様々な形、サイズ、機能のガラス製品を提供します。
どんなデザインにも自然に導入でき、美観を損ねない為、ほぼどんな場所にも適応し、他社のソーラーウィンドウとは一線を画します。
Vision-GlassとDesign-Glassは車両、電車、飛行機に追加電力を供給します。
また、事前空調(プリ・クーリング/ヒーティング)や通信機能に対し、バッテリーからではなく自ら電力を供給する事を可能とします。

https://www.youtube.com/watch?v=y5X_pXkHljg